tourism

旅行

筑後地方でもっとも伝統的な方法で藍建

久留米絣の藍染絣工房で
藍のアートピースを作る(2〜3時間)

5代目の山村研介さんに教えてもらって布か和紙を藍染
染めた布でファブリックパネルを作る
染めた和紙でタペストリーを作る
藍染絣工房の久留米絣に囲まれたお部屋で八女茶を楽しむ
天気が良ければ水通しした久留米絣が干される様子を見られることも
何度も染めることでグラデーションを作ることもできます

本藍をつかった藍染は微生物の働きを通して発酵を促して染められる状態にします。そのため、染めること以上に、藍建(藍の管理)には手間がかかっており、職人の技術や姿勢が問われます。藍染絣工房は久留米絣の織元のなかでも、もっとも伝統的なやり方で藍建をしています。このプログラムでは藍染絣工房の工房や藍畑を見学したのち、布または和紙を藍で染めてアート作品を制作します。藍の色それ自体を楽しんでもらうプログラムです。

  • 藍染や絣の仕組みについて学ぶことができます
  • 藍畑を見学することで藍への理解が深まります(葉があるのは春〜夏のみ)
  • ファブリックパネルか和紙タペストリーを制作
  • 藍染の絣に囲まれたお部屋で八女茶のおもてなし
  • 藍染絣工房の絣生地や小物をお買い物できます
山村 研介 Kensuke Yamamura藍染絣工房5代目
藍染絣工房では、研介さんが主に染めを担当。父である健さんから受け継いだ方法を大切にしながらも、独自の工夫を重ねて、研介さんならではの藍色を生み出しています。日々、時に自分自身の舌で確かめながら藍の状態を観察し、繊細な調整をしていく様は、まさに藍と対話しているかのようです。布や糸以外の素材を染めることにも挑戦しています。
訪問先について

藍色と幾何学模様の世界

藍染絣工房は福岡県広川町にある、1891年創業の久留米絣の工房です。久留米絣には、大きく分けて藍染め・手織りの織元と化学染料・機械織りの織元がありますが、藍染絣工房は前者のなかでも特に伝統的な方法を大切にしています。多い時は50回以上も染め重ねられた藍色が生み出すグラデーションと伝統的な文様を新たに解釈した幾何学模様の絣は、藍染絣工房でしか作れない魅力を持っています。季節の草木や花に彩られた美しい工房も見どころの一つです。
参考 : JAPAN BLUE 100|藍染絣工房

4代目の健さんが織を担当する

藍染絣工房の幾何学模様の久留米絣

筑後だから生まれる藍色を追求

人類最古の染料ともいわれ、世界中で使われている藍。一口に藍と言っても、その色合いは地域によって大きく異なります。藍染絣工房では筑後地方だからこそ生み出せる色合いを大切にしています。藍建をする際も、地元のクヌギなどの木材を燃やしてつくった木灰を地下水に入れて上澄み液を作り、小麦ふすまや有明海の貝灰などを加えて発酵を促す昔ながらのやり方を続けています。

藍の原料となる蒅(すくも)

筑後地方ならではの藍色で染められた糸

プログラムの内容

伝統的な藍染めについて知る

この体験では、まず藍染絣工房の生地に囲まれたお部屋で藍染や久留米絣についての説明を受けます。その後、美しく整えられた工房を見学して、藍の原料や藍建の方法について学びます。藍染の工房のあとは近くにある藍畑へ。春〜夏であれば青々としげる藍の葉をご覧いただけます。タイミングがあえば糸干しをしている様子が見られるかもしれません。

藍染の工房

藍染絣工房の生地に囲まれたお部屋

自分だけの藍色をご自宅に持ち帰る

布か和紙を選び、ご自分の作品を作っていただきます。単色に染めるのも良し、グラデーションにするのも良し。空気に触れることで茶色い液体が青に変わる瞬間はまるで魔法を見ているかのようです。その後、お部屋に戻り、布を選んだ方はファブリックパネルを、和紙を選んだ方はタペストリーを作るために加工します。研介さんのお母さんが淹れてくれる八女茶とお菓子もお楽しみください。

染めた布を水洗いする

布をパネルに貼り自分だけのアートピースに

\ツアー参加者の声/

  • ・何度か藍染体験はしていますが、濃度(新鮮度?)の違う甕で繰り返し染めていく体験は初めてでした。
  • ・実際に使用しているものや、見学用にサンプルも用意してくださって、工程を丁寧に説明してくださいました。
  • ・とてもわかりやすく、また藍染への熱意も感じられて素晴らしい時間でした。体験でいただいたパネルも素敵で、見るたびに見学の感動が蘇ります。
  • ・出来上がり作品の完成度が高く、とても満足できて、家の良い飾りとなっています。また、当日に持ち帰れるので良いと思います。
コード

GFHK03

開催日

・土 14:00〜
・日 10:00〜

所要時間

2〜3時間

スケジュール

09:55(13:55)
藍染絣工房に集合
※隣に、同じ山村姓の別の絣の工房があるので間違えないようにお気をつけください。

10:00(14:00)

レクチャー、藍の染め場見学、藍畑見学
※家族のみで主な工程をになっているため、見学時に織りの様子を見られないこともあります。


10:30(14:30)

アート制作


12:30(16:30)

記念写真撮影

集合場所
藍染絣工房
〒834-0105
福岡県八女郡広川町長延241
※公共交通機関でお越しの場合
高速バス:博多駅、天神駅 高速バスターミナルから広川ICまで約60分(福岡-熊本/ひのくに号)、広川ICからタクシーで約10分
※お車でお越しの場合
博多から約1時間。無料駐車場有。
対応言語

日本語

催行人数

2名〜5名
*5名以上でご希望の方はご連絡ください。

集合場所
藍染絣工房 山村健
福岡県八女郡広川町長延241
※集合場所までお車でお越しの際は、工房近くの空き地に駐車いただけます(無料)。ご参加の方に詳細をお送りいたします。
予約受付締切
体験5日前まで
支払い方法

申込フォームより事前カード決済 (VISA、Master、Amex、JCB)

服装

しゃがんで藍染めを行いますので、ヒールではなくフラットな靴でお越しください。
寒暖差に備え、温度調節のしやすい服装でお越しください。

ご注意
  • お客様自身で集合場所に行っていただく現地集合・解散型の体験プログラムです。
  • このプログラムにはUNAラボラトリーズのスタッフは同行しません。
  • 体験代に含まれる保険の内容は、ジェイアイ傷害火災保険の国内旅行保険で、死亡後遺障害258万円、入院日額3,000円、通院日額1,600円、個人賠償責任1,000万円です。ただし、無料でご参加のお子様は保険対象ではありません。
  • 台風や豪雨などの荒天の場合をのぞき、雨天の場合も開催します。
  • 掲載の写真は全てイメージです。また、訪問地は観光地ではないため、事情により見られる工程が異なったり、機械が動いていない場合などもあります。
  • 小学生以下の方は、保護者等の同伴の上、ご参加可能です。ただし、駐車場や見学内でのケガ、事故等については一切責任を負えません。特に見学の際は、保護者の方が機械等に触らないように十分にご注意ください。
  • 新型コロナウィルス感染状況等により円滑な実施が困難となった場合は催行を中止します。中止となった場合、旅行代金は全額ご返金いたします。
キャンセルポリシー

3日前〜前日の解除:料金の50%
当日の解除:料金の100%
無連絡の不参加・旅行開始後の解除:料金の100%

UNAラボラトリーズの新型コロナウィルス対策

UNAラボラトリーズでは、お客様および当社スタッフや地域の皆様に対して、国や自治体・各業界の対策ガイドラインの元、当面の間、感染症予防のために以下の取り組みを徹底し、安心してご利用いただけるよう取り組んでまいります。

  1. 1. 体験事業者はプログラム中フェイスシールドまたはマスクを着用します。
  2. 2. お客様はマスク着用をお願いいたします。
  3. 3. 手指消毒用のアルコールを用意しています。
  4. 4. プログラム開始前にお客様の体温・体調を確認します。体温が37度以上の方は、参加をお断りすることがあります。
  5. 5. 最大催行人数を大人6名に抑え、ソーシャルディスタンスの確保に努めます。

企画:実施

  • 株式会社UNAラボラトリーズ
  • 〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-12-22-302
  • TEL. 092-982-7956MAIL. tour@unalabs.jp
  • 営業日・営業時間:
    月曜日~金曜日10:00~17:00 土曜、日曜、祝日 休業
  • ※当社の営業時間外に電子メールでいただいたお申し出は、翌営業日にお申し出いただいたものとして取り扱います。

ツアー情報

開催日
・土 14:00〜
・日 10:00〜
※お申込みフォームに(-)マークがついている日は催行されません。
所要時間
2〜3時間
対象年齢
どなたでも
料金
13,900円(税込)
備考
※材料費込
※12歳未満は10,000円(材料費・税込)、12歳未満で見学のみの方は無料